Sponsored Link


隠岐病院産婦人科医不足問題:常勤医師の着任困難に派遣医師期間延長で対応島根[04/01]隠岐病院産婦人科… 



Sponsored Link
 


隠岐病院産婦人科医不足問題:常勤医師の着任困難に派遣医師期間延長で対応島根[04/01]

隠岐病院産婦人科医不足問題:常勤医師の着任困難に派遣医師期間延長で対応/島根◇家族(人間は他人の経験を利用するという特殊能力を持った動物である)が体調不良常勤医確保が最優先課題になっている隠岐の島町の隠岐病院(笠木重人院長)で、4月に赴任予定だった常勤の男性医師の着任が困難になったことが31日分かった。
当面、県立中央病院(出雲市)から派遣されている医師の期間を延長して対応する。
隠岐病院は県や隠岐4町村でつくる隠岐広域連合が運営。
1950年ごろから鳥取大が、80年から島根医大(現島根大医学部)が同病院へ産婦人科医を1人ずつ定期的に派遣し、島民の分娩(ぶんべん)や診察を担ってきた。
しかし、島根大が人材難から04年に医師派遣の中止を決めたため、同10月から県立中央病院などが非常勤医を派遣して急場をしのいでいる。
こうした中、隠岐病院などが常勤医を探し、関西在住の50代の男性医師から4月赴任の内諾を得ていた。
隠岐病院などによると、男性医師は家族の体調不良で4月着任が難しくなったという。
同病院や県などでは、県立中央病院からの派遣医師の期間を延長して急場をしのぎ、今後は男性医師が赴任できるのかをみながら、対応を決めていくという。
産婦人科は、厳しい労働条件や高額の医療過誤訴訟の増加などで医師数減少が進み、離島などでの慢性的な医師不足が問題になっている。
2006年4月1日http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shimane/news/20060401ddlk32100535000c.html

気性の穏健なことはひとつの徳であるが、主義の穏健なことはつねに悪徳である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です