Sponsored Link


他の乗客が食べ残した機内食を間違えて提供JALウェイズ…成田空港を19日に出発した米・グアム行きの日… 



Sponsored Link
 


他の乗客が食べ残した機内食を間違えて提供JALウェイズ…

成田空港を19日に出発した米・グアム行きの日本(にっぽん)航空系のJALウェイズ機で、男児に、他の乗客が食べ残した機内食を提供していたことが24日、分かった。
客室乗務員が誤って出したもので、歯形がついた豚のから揚げが入っていた。
同社は男児と家族(他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ)に謝罪し、「再発防止を徹底したい」と話している。
日航成田広報室によると、トラブルがあったのはJALウェイズ941便(乗客、乗員459人)。
両親ら計6人で家族旅行中だった千葉県在住の男児に、到着約1時間前に子ども用機内食が出された。
豚のから揚げが食べかけなことに家族が気づき、客室乗務員に申し出た。
男児は食べなかったという。
社内調査によると、73食分の子ども用機内食が準備されていた。
食事を出す時間に男児が寝ていたため、保管していたはずの男児分がなくなった。
客室乗務員があらためて出す際、回収済みだった食べ残し分を新品と間違えた。
袋に入ったフォークやナイフが未開封だったため、新品と勘違いしたという。
日航成田広報室は「大変申し訳ないことをした。
全客室乗務員に注意喚起し、再発防止を徹底したい」と話している。
http://www.asahi.com/national/update/1224/TKY200712240152.html

孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です