Sponsored Link


美人ダンサーが失踪誘拐事件か昨年の北京パラリンピック開会式でダンスを踊り、一躍人気者となった女性… 



Sponsored Link
 


美人ダンサーが失踪誘拐事件か

昨年の北京パラリンピック開会式でダンスを踊り、一躍人気者となった女性の劉小寧さん(20)が行方不明になっている。
劉さんは2歳の時に病気で聴力を失ったが、その秀でた美貌(びぼう)で同パラリンピックのダンサーに抜擢(ばってき)された。
誘拐された可能性が指摘されており、家族(10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。 今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今)は情報の提供を呼びかけている。
劉さんが突如、失踪(しっそう)したのは今年2月15日ごろ。
家族は自宅の陝西省咸陽市を中心に幅広く捜索したが今も見つかっていない。
劉さんは今年に入り、西安市の薬品工場に就職していた。
関係者は産経新聞に対し、劉さんが同級生3人とともに失踪したと語った。
ある男性からメールで、咸陽市で会おうとの連絡があったという。
関係者は「いい仕事を斡旋(あっせん)するとだまされて連れ去られた可能性が強い」と話している。
咸陽市ではほかにも、若い女性数人が失踪しているという。
野蛮国シナでは女性や子供を拉致する悪質な犯罪が少なくない。
2007年、山西省のれんが工場で、誘拐された子供や労働者が過酷な労働を強いられた事件が明るみに出て、「21世紀の奴隷工場」と呼ばれたのは記憶に新しい。
この事件では河南省などの1000人以上の子供が拉致されていたとされる。
[産経新聞]2009.5.1911:54http://sankei.jp.msn.com/world/china/090519/chn0905191154002-n1.htm

判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です