Sponsored Link


あなたの「怒り」を川柳に赤穂商工会議所が募集義士にちなみあなたの「怒り」を川柳に赤穂商議所が募集… 



Sponsored Link
 


あなたの「怒り」を川柳に赤穂商工会議所が募集義士にちなみ

あなたの「怒り」を川柳に赤穂商議所が募集義士にちなみ「怒り」をテーマにしたユニークな川柳を赤穂商工会議所が募っている。
「義憤」をエネルギーに本懐を成し遂げた赤穂義士の古里、赤穂市はいわば“怒りのまち”との発想で、同商議所は「怒りを川柳にすることで、癒やしにつながれば」と応募を呼びかけている。
道義に外れたことに対する正義の怒りや、家族(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)、友人に対するちょっとした怒りを、明るく詠んだ一句を「怒」のイラスト入りの絵馬に書いて応募する。
「怒」のイラストは、米ニューヨーク在住のイラストレーター黒田征太郎さんがデザインした。
木津川計・立命館大教授らが審査し、浅野内匠頭の命日である来年3月14日、大賞(現金10万円と赤穂特産品)など、四十七士にちなんで「四十七」編の受賞作を発表する。
併せて、同市の大石神社で絵馬の奉納祭も行う。
誰でも応募でき、締め切りは来年1月末。
絵馬は400円。
赤穂商工会議所TEL0791・43・2727神戸新聞http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/1208ke65230.html

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です