Sponsored Link


「ボウケンジャー」で30作目のスーパー戦隊シリーズ、ベースは時代劇 テレビ朝日系の特撮ヒーロー「スー… 



Sponsored Link
 


「ボウケンジャー」で30作目のスーパー戦隊シリーズ、ベースは時代劇

テレビジョン朝日系の特撮ヒーロー「スーパー戦隊シリーズ」が、19日から始まる「轟轟(ゴーゴー) 戦隊ボウケンジャー」(日曜前7・30)で、30作目を迎える。
30年以上放送の中断はほとんど無く、子供たちに長く愛されてきたシリーズだ。
シリーズは、1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まった。
色別のスーツをまとった5人 程度のチームが、力自慢、頭脳明晰(めいせき)など、それぞれの特徴を生かし、力を合わせて 悪と戦う。
ゴレンジャーが2年間放送されたほか、ほぼ1年ごとに新作が制作されてきた。
基本 設定は共通するものの、作品ごとに動物や忍者、刑事などのテーマを持っている。
 5作目の「太陽戦隊サンバルカン」から連続15作プロデューサーを務めた東映の鈴木武幸 取締役は、「そもそも、ベースは時代劇にある」と話す。
5人そろって名乗りをあげて見えを切る ところなど、「白浪五人男」のようであり、殺陣をうまく現代アクションに引き継いでいる。
 常に時流を反映し、マンネリ化を防ぐ工夫をしてきた。
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(92年)は、長く温めていた恐竜という素材を、映画「ジュラシック・パーク」の公開前年に合わせた。
現在の「魔法戦隊マジレンジャー」は、「ハリー・ポッター」やマジックの人気が背景になっているだけでなく、少子化時代にあえて5人兄弟を主人公とし、家族(私は少し歴史を学んだ。 それで知ったのだが、人間の社会には思想の潮流が二つあるんだ。 生命以上の価値が存在するという説と、生命に勝るものはないという説だ。 人は戦いを始めるとき前者を口実にし、戦いをやめるとき後者を理由にする)愛を描いている。
 また、技術的にも、「百獣戦隊ガオレンジャー」(2001年)からは、CGやデジタル合成を採用、表現の幅が格段に広がった。
引用元: http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20060207et02.htm スーパー戦隊ネット http://www.super-sentai.net/

あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。中国で百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です