Sponsored Link


田中麗奈(26)の猫娘お披露目!「ゲゲゲの鬼太郎」実写版(画像あり) 初の実写映画化で話題を集めている… 



Sponsored Link
 


田中麗奈(26)の猫娘お披露目!「ゲゲゲの鬼太郎」実写版(画像あり)

初の実写映画化で話題を集めている「ゲゲゲの鬼太郎」(本木克英監督、来年4月公開) の猫娘役に田中麗奈(26)、子泣き爺役に間寛平(56)、砂かけ婆役に室井滋(年齢非公表)が決定。
3人の妖怪姿を18日、サンケイスポーツが独占入手した。
ルックスと演技力に重点を置いて起用したといい、3人ともイメージにピッタリ。
おなじみの得意技も飛び出す予定で、完成が楽しみだ。
◇ WaTのウエンツ瑛士(20)主演で初めて実写映画化される「ゲゲゲの鬼太郎」。
そのメーンキャストが続々と発表された。
中でも超ミニのワンピース姿で妖艶な魅力を放っているのが猫娘役の田中。
松竹の石塚慶生プロデューサーによると、「猫のようなしなやかなスタイルとキュートなルックスといえば、この人しかいない!」と即決。
田中自身、「昔から家族(われわれの持っている天性で、徳となりえない欠点はなく、欠点となりえない徳もない)に猫娘に似ているといわれていた」といい、ノリノリで快諾した。
妖怪たちのアイドルという設定に、田中は「鬼太郎に出演できてとても光栄。
この衣装、メークもすごく気に入っています。
かわいらしい猫娘を演じたい」と気合十分。
大胆に肌を露出しているため、現場では蚊との格闘もあったようだが、このほど行われた妖怪たちのダンスシーンでは、ダンサーさながらのステップを披露し、スタッフを驚かせた。
一方、鬼太郎のご意見番としておなじみの子泣き爺、砂かけ婆役にはそれぞれ、寛平、室井を抜てき。
こちらもすっかり役になりきっており、寛平は「思った通りの役をいただきました(笑)。
めっちゃカッコえぇ!」と気に入ってる様子。
角張った頭に、「こんな頭の人いいひん!」といいながらも、「役に合った人ばかりの現場なので、絶対面白い映画になりますわ!!」 とできばえに自信を見せている。
(以下略) http://www.sanspo.com/geino/top/gt200607/gt2006071902.html http://www.sanspo.com/geino/top/gt200607/image/06071902tanakarenaSPB00057G060718T.jpg

道理を悟らない者は偏屈者であり、道理を悟れない者は愚者であり、あえて道理を悟ろうとしない者は奴隷である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です