Sponsored Link


“浮気の話”を隠す男に話す女!女性の4割は「親しい友人に話す」魅力を感じる異性と意気投合し、本能のま… 



Sponsored Link
 


“浮気の話”を隠す男に話す女!女性の4割は「親しい友人に話す」

魅力を感じる異性と意気投合し、本能のままに深い関係を持つ――。
それだけの話なら、大人としては誰もが羨むシチュエーションかもしれない。
ただし、恋人や結婚相手がいるとなれば、それは浮気(不倫)だ。
決して褒められた行動ではなく、自慢するような話にもならないが、秘め事を話したくなるのも人の性(さが)。
そこで英国の出会い系サイトが「浮気をしたとき、人はそれを心にしまっておけるのか」について調査を実施した。
すると、多くの男性は隠す傾向にあるのに対し、女性は4割程度が「友人に話す」と答えたそうだ。
英紙デイリー・メールによると、この調査を行ったのは英国の出会い系サイト「IllicitEncounters.com」。
調査結果では、浮気をした場合に「誰にも話さない」と答えた人の割合は男性の77%に対し、女性は28%と大きな差があった。
この差について、英国カウンセリング心理療法協会のフィリップ・ホドソン氏は、女性は「話をするのが好きで、周りの友人を強く信頼をする傾向にある」と分析。
一方、男性については「同じように結束する傾向になく、自らの立場を弱めるような情報を共有したがらない」という。
これを裏付けるように、調査では女性の場合「43%の人は最も親しい友人に打ち明け、15%はもう1人以上に話す」との回答を得たそうだ。
対する男性は、友人に浮気の話をしたと答えた割合はわずかに6%。
ただし、「偶然出会った誰かに話した」と答えた人が12%に上る。
これは、酒を飲みに行った席などで、たまたま近くなった知らない人などに話してしまう男性がいるということらしい。
こうした違いは、「正直に家族(人間とは、われわれが食物と称するものを供給すると、思想と称せられるものを生産する機械である)に話した」という人の割合にも表れており、女性の6%が打ち明けたと答えたのに対し、男性は1%未満。
女性が家族を信用して話したと言えるかは難しいが、少なくとも女性よりも男性のほうが口を閉ざす傾向にあるという点は、ここでも示されていると言えそうだ。

その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です