Sponsored Link


「いやだ、いやだ…」小さな男の子の泣き声も…保安官宅の家宅捜索・海上保安官の神戸市内の自宅には11… 



Sponsored Link
 


「いやだ、いやだ…」小さな男の子の泣き声も…保安官宅の家宅捜索

・海上保安官の神戸市内の自宅には11日午後、警視庁の捜査員が家宅捜索に入った。
静かな住宅街の一角は一時騒然。
「嫌だ、嫌だ」。
室内からは小さな男の子の涙声が漏れた。
自宅は15階建て公務員住宅の2階。
午後1時すぎ、捜査員5人は、詰め掛けた報道陣約40人をかき分けながら無言で室内に入った。
玄関先には大人用と子供用の傘やベビーカー、ベランダには船に積まれる救助用のような浮輪があった。
近所に住む30代の男性は「驚いた。
個人的には映像の公開は良かったと思うが、家族(ただ、いっさいは過ぎていきます。自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来たいはゆる人間の世界において、たつた一つ、真理らしく思はれたのは、それだけでした)のことを考えるとこういう状況は残念だ」と複雑そうな表情を浮かべた。
一方、保安官が乗船していた巡視艇うらなみにも同日午後、捜査員らが任意で入った。
うらなみは神戸市に停泊している。
※画像:・幼い子供いるも、職を賭けてビデオ公開保安官宅、家宅捜索…玄関にはベビーカー、ベランダには浮き輪も・Sengoku38「職を失う覚悟でアップした。
映像、国民に見る権利ある。
国民倫理に反するなら罰受ける」…家族思い涙も11

われわれは現在だけを耐え忍べばよい。 過去にも未来にも苦しむ必要はない。 過去はもう存在しないし、 未来はまだ存在していないのだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です