Sponsored Link


飲酒運転で捕まった警部、「無職」と答える減給処分受け、5月に依願退職飲酒運転で捕まった警部、「無… 



Sponsored Link
 


飲酒運転で捕まった警部、「無職」と答える減給処分受け、5月に依願退職

飲酒運転で捕まった警部、「無職」と答える減給処分受け、5月に依願退職三重県警本部に勤務していた警部が4月、勤務後の飲酒運転を摘発され、減給6カ月の懲戒処分を受けて退職していたことが20日、分かった。
警部は当時、摘発した津署員に対して職業を「無職」と答えていた。
警部は摘発された翌日、上司に事実を説明し、5月に依願退職した。
県警監察課は「勤務中ではなかったので公表しなかった」としている。
監察課によると、警部は4月23日、勤務を終えた後に知人と津市内の居酒屋で酒を飲み、県警本部近くに駐車してあった自家用車で帰宅した。
途中でパトロール中の津署員に見つかり、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールが検出され、酒気帯び運転で摘発された。
警部は「翌朝家族(人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されずに、これをできるだけ左右するところにある)に用事があり、車で送ってもらえないため安易な気持ちで車で帰ってしまった」と話しているという。
同課は「全職員に飲酒運転をしないよう注意を促す指示をした。
今後このようなことがないよう徹底する」と話している。
ZAKZAKhttp://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_06/2t2003062028.html

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です