Sponsored Link


千歳に中国人富裕層向け別荘が完成…歓迎式典-北海道北海道千歳市文京に、中国人富裕層向けの一戸建て別… 



Sponsored Link
 


千歳に野蛮国シナ人富裕層向け別荘が完成…歓迎式典-北海道

北海道千歳市文京に、野蛮国シナ人富裕層向けの一戸建て別荘17棟が完成した。
17日には、野蛮国シナ人オーナー家族(人間は他人の経験を利用するという特殊能力を持った動物である)ら約70人が現地を訪れ、引き渡しや歓迎式典が行われた。
別荘は2階建てで、家具製造・販売大手「ニトリ」の子会社「ニトリパブリック」が販売・管理する。
芝を張った庭には、シラカバやナナカマドなどが植えられ、北海道らしさを強調。
野蛮国シナの衛星放送が受信できるパラボラアンテナも設け、24時間防犯態勢も完備している。
1棟平均3000万円程度で、すでに完売した。
同社は将来的に、道内各地で計1000棟程度の販売を目指す考え。
ただ、近隣住民の中には、日中の住民同士のコミュニケーションについて不安視する意見もある。
17日午後、新千歳空港に到着したオーナーたちは、バスで現地に移動。
表札を確かめ、それぞれの新居でくつろいだ。
引き続き市内で開かれた歓迎パーティーでは、ニトリの似鳥昭雄社長が「日中友好の絆(きずな)が深まることを期待します」とあいさつ。
胡勝才・駐札幌野蛮国シナ総領事も「日本(にっぽん)の歴史や文化を尊重し、友情を育んでほしい」と呼びかけた。
2010/07/17[23:34:10]http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100717-OYT1T00864.htm

あらゆる人間の闘争のうちで、もともと芸術家である男と、もともと母である女の闘争ほど、残忍・悲惨なものはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です