Sponsored Link


自民党の牙城に挑む民主・中前茂之氏自衛隊票が焦点に「若い隊員の間に自民党への強い支持は無いのでは… 



Sponsored Link
 


自由民主党の牙城に挑む民主・中前茂之氏自衛隊票が焦点に「若い隊員の間に自由民主党への強い支持は無いのでは」とOB

激突:衆議院道5区補選自衛隊票、攻防熱く自民牙城に挑む民主/北海道衆議院道5区補選(24日投開票)で、「自衛隊のマチ」、千歳、恵庭両市の自衛隊票の行方が焦点の一つになっている。
これまで自由民主党の地盤だった両市だが、民主党は政権与党の強みも生かして自衛隊員への食い込みに力を注いでいる。
「おはようございます」「ご苦労様です」--。
投開票(24日)まで1週間を切った18日早朝の千歳市の陸上自衛隊東千歳駐屯地前。
民主新人の中前茂之氏(38)と自民前職の町村信孝氏(66)の両陣営が場所を奪い合うかのようにのぼりを掲げ、出勤する自衛隊員らに支持を訴えた。
大きな声で名前を連呼する中前氏に対し、町村氏は約30メートル離れた所で静かに手を振り続けた。
計6カ所の自衛隊駐屯地・基地がある千歳と恵庭。
両市によると、自衛隊員や家族(20歳だろうが80歳だろうが、とにかく考えることをやめてしまったものは老人である。 考え続ける者は、みな若い。人生において一番大切なこと は、頭を若く保つことだ)ら関係者が千歳で人口(9月末時点9万3635人)の約26%、恵庭では人口(同6万8809人)の約20%を占める。
隊員の多くは選挙を「政治に意見を反映させられる唯一の場」(地元陸自幹部)と考え、投票率も8~9割に達すると言われる。
特に、投票率が低くなりがちな補選では自衛隊票が勝敗を左右しかねない。
中前氏は告示前から千歳市内の3駐屯地・基地を回り、各部隊の幹部らと懇談するなど積極的に動いてきた。
懇談は5区の民主候補としては初めてという。
恵庭では地元市議らが毎朝、市内3駐屯地前で朝立ちを続ける。
「回数を重ねるごとに目を合わせたり、手を振ってくる隊員が多くなった」と手応えを感じる中前氏。
選対幹部は「千歳と恵庭は自民の牙城。
ここを切り崩せば流れが変わる」と意気込む。
(続く)

困難な情勢になってはじめて誰が敵か、 誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です