Sponsored Link


「美しく死にたい」脳腫瘍の女性、整形手術でデミ・ムーアを目指す脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術は不可… 



Sponsored Link
 


「美しく死にたい」脳腫瘍の女性、整形手術でデミ・ムーアを目指す

脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術は不可能と診断された女性(29)が、あこがれのハリウッド女優デミ・ムーアのような外見を整形手術で手に入れて、残された人生を過ごすという一大決心をした。
英デーリー・ミラー紙(電子版)が伝えた。
ロンドン郊外バーネットで暮らすリサ・コンネルさん。
27歳の時、ひどい頭痛などが続いたため病院で検査をしたところ、大きな髄膜腫(ずいまくしゅ)が脳の中心部に見つかった。
悪性ではないものの位置が悪く、摘出手術は不可能と宣告されたという。
絶望したリサさんは、その後2度にわたり自殺未遂を起こしていた。
そんなリサさんが整形手術を決心したのは今年1月のこと。
体調が悪化したため検査を受けたリサさんは、腫瘍(しゅよう)が拡大したと告げられ、自分に残された時間はあまり長くないと感じたようだ。
リサさんは語る。
「デミ・ムーアのようになりたいといつも思っていました。
それで彼女のようになるという夢をかなえ、その姿で死ぬことを決意しました」。
リサさんは3月上旬、脂肪吸引や豊胸手術、フェースリフトなどをロンドンの医療機関で受ける予定。
担当医には「デミ・ムーアのように美しくしてほしい」と依頼したようだ。
手術費用の総額は4万ポンド(約550万円)。
リサさんの結婚資金として母親のアンジェラさん(48)が蓄えてきた貯金を充てるという。
当初は抵抗を感じていたというアンジェラさんも、今では娘が整形手術を受けることに賛成しているようだ。
リサさんは続ける。
「こんなことをするわたしを変わり者って思う人もいるでしょうね。
だけどデミのような外見になれたら、残された人生を幸せに過ごせると思うんです。
それが数か月なのか数年なのかは分かりません。
でもわたしは美しく死にたいんです」。
残された人生がわずかだと知ったら…?家族(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)や友人、恋人との時間を大切にしたり、趣味を楽しんだり、形はさまざまであれ誰しも悔いのない余生を送りたいと思うのではないだろうか。
リサさんも思い残すことがないよう、自身にとって“正しい”と思える決断を下したことは間違いない。
(c)Web-Tab更新日時2009-03-0213:00:13http://www.web-tab.jp/article/6285/

人生は見たり、聞いたり、試したりの3つの知恵でまとまっていますが、多くの人は見たり聞いたりばかりで、一番重要な“試したり”をほとんどしません



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です