Sponsored Link


小5男児が首をつり死亡 



Sponsored Link
 


小5男児が首をつり死亡。
学校で教諭にしかられる

小5男児が首をつり死亡…教諭にしかられ北九州市若松区の市立小5年の男児(11)が自宅で首をつって死亡した。
学校で教諭から注意を受け、帰宅後に死亡しており、福岡県警若松署は自殺とみて、学校関係者から事情を聞いている。
同署などによると、16日午後4時半ごろ、男児が自分の部屋の天井にひもをかけ、首をつっているのを母親が見つけた。
遺書はなかった。
市教委によると、男児は同日午後、同級生と教室の掃除などをしていた。
女児2人が、男児からたたかれたと50歳代の担任の女性教諭に訴えた。
教諭が理由を尋ねたところ、答えがあいまいだったため、胸元をつかんで数回揺すったところ、男児は室内にあったペットボトルを投げつけ、教室を飛び出した。
同校によると、男児は「先生が嫌いで学校に行きたくない」と家族(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)に漏らし、教諭は家族と話し合いをしていた。
教諭は17日、「厳しくしかったのは事実。
このような結果になり申し訳ない」と両親に謝罪した。
校長は「教諭の指導に行き過ぎた点はなかったと思うが、深刻に受け止めている。
しかった後、フォローしなかった点は反省しなければならない」と話した。
(2006年3月18日11時23分)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060318it03.htm

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です