Sponsored Link


GHQが「皇室の在り方」提言か…学習院に英文資料、身ぶり手ぶりまで指示皇室の在り方を提言した英文資… 



Sponsored Link
 


GHQが「皇室の在り方」提言か…学習院に英文資料、身ぶり手ぶりまで指示

皇室の在り方を提言した英文資料が、昭和天皇の人間宣言に関する資料などとともに学習院院史資料室に保存されていることが分かった。
天皇に国民との直接的な触れ合いや音楽会鑑賞、英語学習などを勧めた記述がある。
専門家は「戦後の天皇制を決定付けた昭和天皇の人間宣言に続き、連合国軍総司令部(GHQ)が皇室に具体的な行動様式などを示した文書の可能性が高い」と分析している。
提言文書は、学習院院史資料室に保存されている人間宣言に関する一連の資料の一部。
これらの資料は、学習院事務官を務め、宣言作成にかかわったとされる山梨勝之進・学習院院長(当時)の秘書役だった浅野長光氏が保管していたもので、逝去後の92年に遺族が寄せた。
3枚つづりで、表題に「Suggestions」(提言)とある。
個条書きで、親は子供の健康や教育に責任を負うことを公式に示す▽温かな気持ちを示すため国民と直接触れ合う▽天皇一家の温かい関係を大衆に知らせる▽音楽奨励のための音楽会鑑賞▽英語の習得--など8項目にわたって提言している。
文書は、宮内省(当時)など皇室側に提示されたのかどうかは不明だが、当時提言を受けたとみられる皇室の動きもあった。
提言では、自分の子供たちと過ごす様子を写真で国民に見せることを勧めているが、人間宣言と同じ46年1月1日付新聞には、昭和天皇の「家族(時の歩みには三とおりある。未来はためらいながら近づき、現在は矢のように飛び去り、過去は永遠に静止している)だんらん」の写真が掲載された。
46年2月から始まった地方巡幸では、昭和天皇が国民に直接話しかけた。
現在の皇室では、音楽鑑賞は一般行事になっている。
一方で、現在の天皇、皇后両陛下は阪神大震災など大災害の被災地に積極的に出かけ国民らを激励しているが、提言では、被災地訪問について、「何か出来る立場なら別だが」としたうえで、「訪問しない方が良い」としている。
(以下略、ソース元に「提言」全文あり、ソース元でご確認ください)ソース http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060211k0000m040158000c.html

時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です