Sponsored Link


11の病院に搬送断られ95歳女性死亡-清瀬市東京都清瀬市で、胸の痛みを訴えて救急車を要請した女性(… 



Sponsored Link
 


11の病院に搬送断られ95歳女性死亡-清瀬市

東京都清瀬市で、胸の痛みを訴えて救急車を要請した女性(95)が11の病院から受け入れを断られ、約30分後に搬送された12番目の病院で死亡していたことが23日、分かった。
東京消防庁などによると、今月8日午後9時半ごろ、女性が自宅で胸の痛みを訴えたため、家族(自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本(にっぽん)の平和を維持する上で最も危険な存在です)が119番通報した。
約3分後に救急隊員が駆けつけたが、「処置ができない」「患者がいっぱい」などの理由で11の病院に受け入れを断られた。
約30分後に清瀬市の病院が女性を受け入れて処置したが、まもなく死亡。
女性には心臓に持病があったという。
受け入れを断った小平市の病院は「当直体制で医師が不足していた上に、別の心不全の患者の処置中だったので、受け入れたくても受け入れられない状況だった」としている。
1月23日13時15分配信産経新聞

たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です