Sponsored Link


中村獅童、飲酒運転だけでなく信号無視も 



Sponsored Link
 


中村獅童、飲酒運転だけでなく信号無視も。
同乗女性にも注目集まる…会見しドラマ降板発表

・歌舞伎俳優・中村獅童(33)=本名・小川幹弘=が、東京都内で酒気帯び運転した上、信号無視をしていたことが12日、分かった。
警視庁世田谷署は近く道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検する方針。
獅童はこの日夜、都内で会見を開き、謝罪するとともに決まっていたドラマ出演を辞退することなどを発表した。
また、当時、車には女性が同乗していたが、獅童は一般の女性で妻の女優・竹内結子(26)も知っていると“不倫疑惑”を否定した。
いつもの生気はなかった。
まばゆいフラッシュの中、黒いスーツで現れた獅童の顔は青ざめていた。
「私事でご心配をおかけして、お騒がせして誠に申し訳ございません」と深々と一礼し、うかつな行為をわびた。
調べでは、12日午前4時32分、世田谷区三軒茶屋の世田谷警察署前の国道246号交差点の下り車線で信号無視。
警ら中だった同署のパトカーに呼び止められたところ、酒の臭いがした。
急きょ、検査の結果、呼気1リットル中に0・35ミリリットルのアルコールが検出され、信号無視と酒気帯び運転で検挙となった。
獅童によれば、約1週間の米ニューヨークの仕事から11日に帰国。
機内でシャンパン2杯とビール1杯を飲んだという。
同日にいったん帰宅後、午後11時30分ごろ6、7人の友人との食事に西麻布へ出かけた。
「そのカフェバーでは乾杯もウーロン茶」と説明し、機内から6時間アルコールを摂取しなかったというが、検知器には反応してしまった。
また、竹内との間に一男がいる獅童だけに深夜の同乗女性も注目される。
獅童は「妻も知っている女性」としたが、その家族(世には卑しい職業はなく、ただ卑しい人があるのみである)に触れて「子供の笑顔を見たときになんて…、ばかなことをしたんだろうと」と言葉を詰まらせた。
反省の意思は態度でも示す。
運転の自粛はもちろん、出演が決定し、1度撮影したドラマの辞退を決めたという。
10月に東京・新橋演舞場で決まっていた舞台も微妙となった。
最後に「申し訳ございませんでした」と再び頭を下げた獅童だが、支えてくれた関係者やファンに大きな借りができた。

旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です