Sponsored Link


誤射事件のブラジル人遺族、英当局の見舞金約300万円を拒否7月22日にロンドンの地下鉄で、同時テロ実行… 



Sponsored Link
 


誤射事件のブラジル人遺族、英当局の見舞金約300万円を拒否

7月22日にロンドンの地下鉄で、同時テロ実行犯と誤認されブラジル人のジェアンシャルレス・ジメネゼスさん(当時27)が射殺された事件で、その家族(三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める)が英警察当局から2万7000ドル(約297万円)の「見舞金」を提示されたが、拒否したことが明らかになった。
ブラジルの有力紙エスタドが、ジメネゼスさんの兄弟が英国紙に話した内容として伝えた。
「我々は貧乏であっても、愚か者ではない。
お金で兄弟の命を引き換えにしない」という家族のコメントも紹介している。
真相究明のため英国入りしている検察・法務担当者は、英国側と補償金などについても協議を進めているもよう。
このうちの1人は「提示された見舞金は、将来の事実解明や補償額に何ら影響するものではない」と強調している。
ソース(日経新聞)

不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です