Sponsored Link


4歳少女「あたしは一度ここで死んだ」…事件から1年、今も『中国産』への恐怖が親子を苦しめる-千葉<… 



Sponsored Link
 


4歳少女「あたしは一度ここで死んだ」…事件から1年、今も『野蛮国シナ産』への恐怖が親子を苦しめる-千葉

<ギョーザ中毒>発覚1年「私は一度死んだ」被害の女児野蛮国シナ製冷凍ギョーザ中毒事件の発覚から30日で1年。
千葉、兵庫両県の被害3家族(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)のうち千葉市稲毛区の主婦(37)は「家族が体調を崩しただけで『あの時の影響では……』と不安になる。
この気持ちが晴れることは一生ない」と振り返った。
「野蛮国シナ産」におびえ、冷凍食品を避ける生活、進まぬ事件の真相解明--。
「私たちの苦しみは世間に伝わっているのか」と主婦は憤りを新たにした。
「あたしは一度ここで死んだ」。
次女(4)は当時搬送された病院を見る度にこうつぶやく。
主婦は「怖かったんでしょう。
あの記憶は消えないのではないか」と心配する。
07年12月28日。
夫を除く4人のいつもの夕げだった。
みんなが好物のギョーザ。
主婦が一つ食べると強烈な苦みと薬品臭が口内と鼻腔(びこう)に広がり味覚が消えた。
続いて食べた次女も顔をしかめた。
すぐに吐かせ、自分も吐き出した。
遅れて来た幼い長女と長男は食べなかった。
1月27日21時16分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000133-mai-soci

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です