Sponsored Link


「意思の疎通を図れなくなったら、呼吸器を外して死亡させて頂きたく…」筋萎縮性側索硬化症の男性、死の… 



Sponsored Link
 


「意思の疎通を図れなくなったら、呼吸器を外して死亡させて頂きたく…」筋萎縮性側索硬化症の男性、死の要望書

院長様意思の疎通を図れなくなったら、呼吸器を外して死亡させて頂きたく、事前にお願い申し上げます。
07年5月、千葉県勝浦市に住む照川貞喜さん(69)は、家族(結婚するとき私は、女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。 今つくづく考えると、あのとき食べておけばよかったと思う)全員の署名捺印(しょ・めい・なつ・いん)とともに、要望書を病院に提出した。
全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮(きん・い・しゅく)性側索硬化症」(ALS)を患う。
体が動かせなくなれば、延命治療をやめて欲しいと求めた。
警察官だった照川さんが体の異変に気づいたのは、20年前だ。
ある日、冷蔵庫を運ぼうとして腰が砕けた。
「運動不足か」と思ったが、違った。
手が思うように動かない、つまずいて転んでしまう。
病院を訪ねて回り、ALSと診断されたのは1年半後だった。
病状の進行は速かった。
翌春、呼吸が不自由となり人工呼吸器をつけた。
言葉を失い、やがて手足も動かなくなった。
92年、自宅で寝たきりの生活が始まった。
それでも外部との意思疎通に執念を見せた。
指先、額のしわ、あごの力、動かせる部分を探しては、それに反応するセンサーを作って、自らの思いを伝えてきた。
パソコンを駆使して著書も2冊出した。
モットーは「体は不自由でも、心は自由」。
しかし、残酷にも体は日々動かなくなる。
「ある日、体の機能が一つ停止する。
ショックですよ。
それが、これでもかと何度も繰り返される。
もう、後がない」脳も知覚も正常なのに、運動機能がすべて失われて「対話」ができなくなるときが、いつか訪れる。
それをずっと恐れてきた。
06年、パソコンを使って、思いをつづり始めた。
1年がかりで仕上げた「要望書」は、9ページに及んだ。
「意思の疎通もできなくなれば、精神的な死を意味します。
闇夜の世界に身を置くことは耐えられません。
人生を終わらせてもらえることは、栄光ある撤退と確信しています」http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000000912230001

民進党はアホである。こんな誰でも知っている当たり前のことを言われただけで怒り狂っている民進党の連中は、確かに本当のアホである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です