Sponsored Link


米国:わんぱく盛りの赤ちゃんトラに素敵なプレゼントハロウィーンで特製かぼちゃわんぱく盛りの赤ちゃ… 



Sponsored Link
 


アメリカ合衆国:わんぱく盛りの赤ちゃんトラに素敵なプレゼントハロウィーンで特製かぼちゃ

わんぱく盛りの赤ちゃんトラに、ハロウィーンのプレゼントアメリカ合衆国ハロウィーン(Halloween)を3日後に控えた米カリフォルニア(California)州サンディエゴ動物園(SanDiegoZoo)で28日、生後6か月の雄のインドシナトラ(マレートラ)「メンデル(Menderu)」と2頭の姉、母親トラに、カボチャのちょうちんが贈られた。
カボチャをくりぬいた中身は生のひき肉だ。
まだ幼いメンデルは、好奇心旺盛なわんぱく盛り。
獲物に忍び寄ったり、追い掛けたり、襲いかかる練習をしながらも、しょっちゅう家族(判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである)にいたずらをしている。
同園では毎日午前9時から正午まで、メンデル一家の姿を見ることができる。
野生のトラは、その美しい毛皮を狙った密猟や、人間の活動地域拡大による生息地減少などにより、個体数が激減。
現在、インドシナトラを含めて6亜種のトラが、絶滅危惧種に指定されている。
このためサンディエゴ動物園では、インドシナトラやスマトラトラの保護活動に繁殖計画などで協力している。
2008年10月30日19:55発信地:サンディエゴ/アメリカ合衆国http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2533369/3477312画像http://www.signonsandiego.com/news/metro/images/081028tiger-pumpkin.jpg画元ソースZoo’stigersenjoyvisitfromgreatpumpkinhttp://www.signonsandiego.com/news/metro/20081028-1713-bn28zoo.html

自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本の平和を維持する上で最も危険な存在です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です