Sponsored Link


合言葉は「つがない、つがせない」、アルコール依存状態の職員の早期発見など、警官の飲酒ひき逃げ容疑… 



Sponsored Link
 


合言葉は「つがない、つがせない」、アルコール依存状態の職員の早期発見など、警官の飲酒ひき逃げ容疑事件受け、県警が対策発表

福岡県警は15日、警官の飲酒ひき逃げ容疑事件を受けた再発防止策を発表した。
アルコール依存状態の職員を早期発見し、治療などの支援をする。
今後、具体的な方法を決め、早急に実施する。
警察庁も福岡県警の取り組みを先行例として、同様の対策を全国で進める考えを示している。
県警によると、現在、飲酒による肝臓機能低下などが疑われる職員の把握を進めている。
その中から専門医の意見や家族(困難な情勢になってはじめて誰が敵か、 誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ)への聞き取りを基に、依存状態にある「要支援職員」を判定する。
治療が必要と判断されれば職務命令で受診させ、従わない場合は処分する方針。
車通勤の禁止や職場変更も検討する。
各署にインストラクターを置き、個別に専門的な改善プログラムを作って支援するという。
また、過度の飲酒を避けるため、歓送迎会や仲間内での飲酒の際、「つがない、つがせない」を合言葉にお酌をしないよう呼びかける。
NPO法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)の今成知美代表は「対策は画期的。
潜在的だった依存症の問題を社会全体が考える機会になれば」と評価している。
http://mainichi.jp/seibu/news/20090916sog00m040002000c.html

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です