Sponsored Link


テレビゲーム『ドラゴンクエストV』による外国人参政権反対メッセージの真相が明らかにスクウェア・エニ… 



Sponsored Link
 


テレビジョンゲーム『ドラゴンクエストV』による外国人参政権反対メッセージの真相が明らかに

スクウェア・エニックスの看板タイトル『ドラゴンクエスト』シリーズで2008年にリメイク作品として発売された『ドラゴンクエストV天空の花嫁』(以下、DQ5)が2010年の今、注目されている。
ハードを新たにニンテンドーDSで発売された『DQ5』に、外国人参政権に反対しているとも解釈できるコメントがあるというのだ。
Internetブログや掲示板で問題視されているコメントは次の通り。
・ラインハット王国ヘンリー王子のコメント「よそから来た他国の者を受け入れるために国の者たちが苦しんでいる?」「上の者たちはなにをしようとしているんだ!?これはゆるせんぞ!」「知らないうちにおそろしい法律ができてしまう!?これはほっておけないな」・老人のコメント「わしら国民があまり知らぬうちにおそろしい法律がつぎつぎとできてしまいそうなのじゃ」確かに解釈次第では外国人参政権に反対していると思えなくもない。
しかしストーリーを展開する上でサラリと読み流してしまいそうなコメントだけに、2008年のゲームが今になってどうして注目されたのかと疑問に思ってしまう。
が、それには理由があった。
2010年1月26日に発売された雑誌『Will』の対談記事として「堀井雄二すぎやまこういちドラクエで取り戻す日本(にっぽん)人の絆」が掲載されていたからだと思われる。
対談では『DQ9』のすれ違い通信やマルチプレイで家族(誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい)の絆が深まったという話、すぎやまこういち氏が『DQ』シリーズと関わることになったキッカケなどが書かれている。
対談のなかでは外国人参政権に関してまったく触れていないものの、同誌では別の記事として「総力大特集!許すな!外国人参政権」を掲載している。
その影響もあって『DQ5』のキャラクターコメントが引っ張り出され、話題になったのだと思われる。
『Will』編集部が意図的にキャスティングをして外国人参政権特集が掲載されている号にお二人の対談を掲載した可能性もあるが、対談の内容が外国人参政権に関係ないものなのは確かだ。
http://getnews.jp/archives/46154http://news.livedoor.com/article/detail/4585644/

「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です