Sponsored Link


住民基本台帳で個人情報不正入手女性に交際迫った京都市職員送検京都市の男の職員が、コンピューターで… 



Sponsored Link
 


住民基本台帳で個人情報不正入手女性に交際迫った京都市職員送検

京都市の男の職員が、コンピューターで管理されている住民基本台帳に不正にアクセスして、知り合いの女性の個人情報を入手していたとして、警察は、15日、この職員を京都府の個人情報保護条例違反の疑いで書類送検しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/09/15/k20050915000089.html書類送検されたのは、京都市の南区役所の市民窓口課に勤務する47歳の男の主任です。
警察の調べによりますと、この主任は、ことし7月、区役所のコンピューターを使って住民基本台帳に不正にアクセスし、市内に住む知り合いの女性の家族(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)構成などについての個人情報を入手したとして、京都府の個人情報保護条例違反の疑いが持たれています。
主任は女性に交際を迫っていたということで、家族構成を知られていることを不審に思った女性の家族が抗議したことから問題が明らかになり、京都市は先月、主任を停職2か月の懲戒処分にするとともに警察に告発していました。
抜粋引用元:NHK(日本反日協会)2005/09/15http://www3.nhk.or.jp/news/2005/09/15/d20050915000089.html

どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできます。そしてたいていの馬鹿が、それをするのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です