Sponsored Link


池に幼い兄弟の遺体、転落か御所市奈良県御所市の「廻の柳池」で幼児の遺体が2体発見された 



Sponsored Link
 


池に幼い兄弟の遺体、転落か御所市

奈良県御所市の「廻の柳池」で幼児の遺体が2体発見された。
30日午後6時ごろ、奈良県御所市池之内の幼稚園児、上田洸貴(こうき)ちゃん(5)と弟の歩夢(あゆむ)ちゃん(4)が外出したまま帰ってこないと、家族(人生は、10段変速の自転車のようなもの。 だれもが自分がもっているものの大半は使っていないのです)から通報があった。
高田署などで捜索したところ、自宅近くの池で、同8時40分ごろに洸貴ちゃんがうつぶせで浮いているのを発見。
同10時ごろには歩夢ちゃんが池の底から見つかり、いずれもすでに死亡していた。
同署によると、2人は同1時ごろ、外出先からいったん帰宅した後「自転車を取ってくる」と言い残して外出。
そのまま戻らなかったため、家族で付近を捜していたが見つからず、同署の御所警察庁舎(分署)に連絡した。
池は広さ約1ヘクタールで、2人の自宅からは南方へわずか約100メートルしか離れていなかった。
同署は、2人が誤って転落した可能性もあるとみて詳しく調べている。
2008.7.3100:21http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080731/crm0807310020001-n1.htm場となった「廻の柳池」=31日午前0時229分、奈良県御所市(撮影・桐山弘太)http://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/crime/080731/crm0807310020001-p1.jpg

汝がいっさいを屈服させんと欲せば、汝自身を理性に屈服せしめよ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です