Sponsored Link


:「正しく理解を」ラジオドキュメンタリーに告白した高校教諭がモデル体の性と心の性が一致しない「性… 



Sponsored Link
 


:「正しく理解を」ラジオドキュメンタリーに告白した高校教諭がモデル

体の性と心の性が一致しない「性同一性障害」であることを妻や職場にカミングアウトした京都府立城陽高校教諭の土肥いつきさん(44)を同校放送部員がラジオ用ドキュメンタリー作品として制作した。
「私は私」と素顔のままの自分で生きる土肥さんに共感し、「性同一性障害を正しく理解してもらおう」と取り組んだ。
今月25日から東京で開かれる全国高校放送コンテストで発表する。
作品のタイトルは「男のティチャーそれとも女のティチャー」で7分間。
京都府高校放送コンテストに出品し、府で2位となり、全国に進むことになった。
作品は淡々としたナレーションから始まる。
「放課後、ランニングをするため放送部室に着替えにくる先生がいます。
放送部の顧問、ドッヒーこと土肥いつき先生です」「なぜ女性用ロッカーを使わないの?」と疑問をぶつける生徒。
土肥さんはさらりと話す。
「私ね、10年くらい前まで、ひげ生やした男やってん」「えー」「小さいころの話を教えてくれますか」土肥さんは男に生まれたが、小さいころからずっと女の服を着たいと思っていた。
「けれど、他の子とそんな話はできない。
自分だけの胸にしまっていた」と振り返る。
大学を出て、高校の数学の教師になり、結婚した。
2人の子をもうけたが、その思いはずっとあったという。
転機は97年に訪れた。
友だちから「自分はゲイ」と告白されたのだ。
性について勉強し、体の性にとらわれない生き方をする「トランスジェンダー」という言葉を初めて知った。
「これは私のことや」と気付き、「こんな自分も『あり』なんや」と思ったという。
悩んだ末に妻に告白した。
家族(善にも強ければ、悪にも強いというのが、いちばん強力な性格である)の理解を得て、01年にひげをそって髪も伸ばしはじめ、「女性」として生きるようになった。
名前も変えた。
今はホルモン剤の投与も受けている。
周りの反応は?「最初はみんなびっくりしてたけど、だんだん慣れていったみたい。
みんなあっさりしてた」と笑う。
(以下記事省略、詳細はソースで)http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/news/20060714ddn013040039000c.html

不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です