Sponsored Link


スプラッター映画鑑賞会にセックス談義歴代総理の奇行列伝総理大臣の覚悟とは、自分ですべて決断し、す… 



Sponsored Link
 


スプラッター映画鑑賞会にセックス談義歴代総理の奇行列伝

総理大臣の覚悟とは、自分ですべて決断し、すべて責任を負うことである。
何も国のトップに限ったことではなく、企業の社長、一家の家長であってもリーダーの役割は同じである。
しかし歴代総理の中には、その覚悟が見えないからどころか、「奇行」が目立つ人物も多かった。
まずは小渕恵三氏だ。
小渕内閣で通産大臣を務めた深谷隆司・元代議士が当時の秘話を明かす。
当時は自自公連立内閣。
「連立にヒビが入ってくると小沢さんがあまり食事会に顔を出さなくなってきた。
その頃から小渕総理の様子がおかしくなり、私たちの前でもずっと下を向いて黙り込んだり、ボーっとしている時間が増えていきました。
」というのだ。
小渕氏が志なかばで亡くなって以降、日本(にっぽん)の政治は漂流を始め、「奇行総理」はもっと加速していった。
一見、自由気ままに振る舞っているように見えた小泉純一郎氏にしても、そのストレス解消法はさすがに番記者たちも記事にできないものだった。
女性を含む親しい記者たちを集め、何時間も「セックス談義」をし続けるのである。
「政権末期には、だんだん話もエゲツなくなって、動物とのセックスとか、アダルトビデオの細かいカメラワークまで嬉々として話す姿は、国民的人気のカリスマ総理とはかけ離れた印象でした」(元番記者)別の元総理大臣の「末期症状」はもっと背筋が寒くなる。
政権の行き詰まりで体調もすぐれないと見られていた時期、総理大臣には密かな楽しみがあった。
それは、深夜や休日に自宅リビングに家族(世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない)を集め、なんとスプラッター映画を鑑賞することだったのである。
スプラッター映画とは、ホラー映画のなかでも特に殺人シーンや残虐な拷問シーンなどを強調したグロテスクなジャンルのものだ。
秘書に命じて次から次へと過激な作品を買い集め、嫌がる家族を座らせて大音量で上映し、目をらんらんと輝かせていた姿は、その家族にも「もう限界だ」と思わせるものだった。
以降へ続く

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です