Sponsored Link


小6女児、首吊り自殺 



Sponsored Link
 


小6女児、首吊り自殺。
「いじめ原因」と父親→学校「把握してない。
以前の同級生の『汚い。
近寄るな』発言は誤解」…群馬

小6女児が自殺、「学校でいじめ」と父・群馬県桐生市の市立小学校6年の女子児童(12)が23日、自宅で首をつって自殺し、会社員の父親(50)が本紙の取材に「学校でいじめを受けたのが原因」と訴えている。
県警大間々署や父親によると、女児は、自室で首をつっていた。
遺書は見つかっていないが、同署は状況から自殺と断定した。
父親や学校側の説明では、女児は腹痛などを理由に19、20、22日に欠席。
21日には校外学習に参加。
父親によると、女児は校外学習で同級生に、「なんで、こんな時だけ来るのか」などと言われたという。
女児は4年生の秋に愛知県から転校。
5年になって同級生に「汚い」「近寄るな」などと言われたと家族(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)に訴えていた。
両親が当時、学校に連絡し、いじめはいったん収まった。
しかし、6年に進級すると、女児は再びいじめられていると家族に話していた。
校長は本紙の取材に、「5年生の時に、同級生とのやりとりで誤解があったが、女児の保護者に話して誤解は解けた。
その後も見ている限りは、いじめを把握していない」としている。

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です