Sponsored Link


発達障害、1割「就学前気づかず」20歳以上で診断も自閉症やアスペルガー症候群など発達障害者のうち… 



Sponsored Link
 


発達障害、1割「就学前気づかず」20歳以上で診断も

自閉症やアスペルガー症候群など発達障害者のうち、家族(結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです)が本人の障害に就学前に気づかなかったケースが一割近くに上り、二十歳以上になって初めて診断された例も1・6%あることが道の初の実態調査で分かった。
道は「発見が遅いと療育ができず、社会適応が遅れる可能性がある」として来年度、早期発見のための対策を検討する。
発達障害は脳機能の障害が原因で、通常、低年齢で発現するが、専門医が少ないために発見が遅れる例がある。
昨年四月、発達障害者支援法が施行されたのを受け、道は今年七月、道内の発達障害者の親の会を通して千四百八人を対象にアンケートを実施、七百八十八人から回答を得た。
家族が「ほかの子供と違う点がある」と気づいた時期は一歳が最も多く34・6%、二歳が25・0%、三歳が16・4%と続き、六歳以上は8・9%だった。
医師の診断を受けた時期は三歳が24・4%と最多で、二歳が12・8%、六歳が9・7%だった。
全体の80・7%が就学前に市町村発達支援センターなどの療育機関を利用していた。
一方、本人も家族も気付かず、二十歳以上になってから発達障害と診断された人は十一人いた。
以下省略http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061221&j=0022&k=200612214309

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です