Sponsored Link


昭恵夫人に補佐官は税金のムダ遣い何か欠陥でもあるのかと日刊ゲンダイいくら何でも、これは税金のムダ… 



Sponsored Link
 


昭恵夫人に補佐官は税金のムダ遣い何か欠陥でもあるのかと日刊ゲンダイ

いくら何でも、これは税金のムダ遣いじゃないのか。
安倍総理大臣夫人の昭恵さん(44)に、ファーストレディーとしての「立ち居振る舞い」を指導するための「補佐官」が新設された。
その人件費だけで毎月60万~70万円である。
補佐官の正式名称は「総理官邸連絡調整官」。
昭恵夫人が総理大臣の外国訪問に同行したり、日本(にっぽん)国内で外国要人を接待する際、日程調整したり外交儀礼をアドバイスするという。
もちろん、初めてだ。
これまでは官邸職員や外務省職員がやっていた。
驚くのは、その人選と処遇だ。
補佐官に就任したのは、外務官僚OBの宮家邦彦氏(53)。
総理大臣の父・晋太郎の外相秘書官を務めた縁で、総理大臣とは家族(友人たちが「お若く見えますね」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ)ぐるみの付き合いだという。
国家公務員として雇い、約2万4000円の日当を払う。
さらに驚いたことに、夫の宮家氏をサポートするために、宮家氏のみどり夫人まで国家公務員として採用するという。
要するに、安倍総理大臣と昭恵夫人の仲良しを、夫婦ごと税金で世話するということだ。
「宮家氏もみどり夫人も非常勤なので、勤務した時だけ日当が支払われます。
しかし、どこまでが仕事なのか曖昧なので、昭恵夫人に電話でアドバイスしただけで日当が払われかねない。
宮家氏をサポートするために、みどり夫人まで公務員にする必要があるのか。
こんなことをしていたら、いくら税金があっても足りませんよ」(官邸事情通)そもそも、昭恵夫人は森永製菓の創業家令嬢。
いまさら立ち居振る舞いを教える必要もない。
それとも、夫婦サポーターまでつけるとは、昭恵夫人に何か欠陥でもあるのか――。
(日刊ゲンダイ)http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/28gendainet02029007/

私の理性は曲げられたり、折られたりするようには仕込まれてはいない。そうされるのは、私の膝である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です