Sponsored Link


山菜採りの遭難捜索費取ります春から夏にかけ例年五十件以上の山菜採り遭難が発生する北海道で、自治体… 



Sponsored Link
 


山菜採りの遭難捜索費取ります

春から夏にかけ例年五十件以上の山菜採り遭難が発生する北海道で、自治体が捜索費の一部を本人に請求する制度を始めた。
一回の捜索にかかる費用は約二百万円との研究データもあり、抑止効果も期待している。
日本(にっぽん)山岳協会によると、山岳遭難で捜索費を求めるのは一般的だが、山菜採りに限定した制度は珍しいという。
「タケノコのメッカ」といわれる北海道南西部の島牧村。
六月、タケノコ採りで遭難した男性(73)に捜索費の一部約十八万円を請求した。
村内では毎年約十件の遭難があり、捜索費が一週間で六百万円に上ることもあった。
このため昨年五月、周辺二町村と合同で、民間のハンターなどの人件費や食費といった捜索にかかる費用の一部を遭難者や家族(普通人は時をつぶすことに心を用い、才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである)に請求する制度を始めた。
道路沿いには「捜索費用が請求されます」と看板を設置。
今年の遭難者は三件に減り、ほかの自治体からの問い合わせもあるという。
以下ソースにてhttp://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060804/eve_____sya_____004.shtml

旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です