Sponsored Link


山田洋次監督最新作に菅原文太、市原悦子、妻夫木聡、蒼井優など豪華俳優陣が出演…小津作品をモチーフに… 



Sponsored Link
 


山田洋次監督最新作に菅原文太、市原悦子、妻夫木聡、蒼井優など豪華俳優陣が出演…小津作品をモチーフにした「東京家族(人間は二通りしかいない。成功者と失敗者ではない。何かをして成功も失敗もする人と、何もしないで成功も失敗もしない人である)」

監督生活50周年を迎えた山田洋次監督(79)の最新作で、名匠・小津安二郎監督の「東京物語」(1953年公開)をモチーフにした映画 「東京家族」(2012年公開予定)のキャストが22日、明らかになった。
瀬戸内の小島から上京する老夫婦に菅原文太(77)と市原悦子(75)。
もう1組の“主役”となる次男とその恋人を妻夫木聡(30)と蒼井優(25)が演じるなど豪華俳優陣が顔をそろえる。
半世紀にわたる山田監督の監督生活を飾るにふさわしい、豪華キャストが勢ぞろいした。
「東京家族」は、松竹の大先輩である小津監督の名作「東京物語」をモチーフに、舞台を現代に移した物語。
約50年前にはなかった「孤独死」や「独居老人」の問題を織り交ぜながら、家族の在り方を描いていく。
主人公となる老夫婦には、菅原と市原に白羽の矢が立った。
山田監督は「文太さんは笠(智衆)さんよりも強いイメージがある。
でも、その強さが逆に『孤独死』などをヒリヒリと感じさせるんじゃないかと思いますね」。
作品に込めたテーマを演じるのに最もふさわしい俳優であると力強く語った。
(>>2->>5あたりに続きます) 以下スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110223-OHT1T00021.htm

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です