Sponsored Link


「大和」映画で呉に帰還海上自衛隊第一術科学校の学生40人も鑑賞広島・呉呉、尾道両市でロケをした東映… 



Sponsored Link
 


「大和」映画で呉に帰還海上自衛隊第一術科学校の学生40人も鑑賞広島・呉

呉、尾道両市でロケをした東映映画「男たちの大和/YAMATO」が十七日、全国封切りした。
戦艦大和の生誕地である呉市中通三丁目の映画館ポポロでも、家族(自分の道を迷いながら歩いている青年の方が、 他人の道を間違いなく歩いている青年よりも好ましく思う)連れやお年寄りらが詰めかけた。
上映時間一時間前から同館前には人だかりができ、海上自衛隊員の姿も目立った。
午前十時二十分から初回上映を開始し、約百五十人が観賞した。
「男たちの大和―」は太平洋戦争末期の一九四五(昭和二十)年、東シナ海に沈んだ戦艦大和の乗組員の生きざまを描いた映画。
観客は、若い乗組員が国や家族のために命をかける姿に涙していた。
学生四十人と一緒に来た江田島市の海上自衛隊第一術科学校教官、林浩次さん(41)は「大和が建造された呉で映画が見られることはうれしい。
勇敢に戦った乗組員の姿を学生に見てほしかった」と話していた。
広島市中区の広島東映でも朝十時前からの初回上映では、孫を連れたお年寄りら大勢が訪れ、立ち見も出ていた。

欲望と感情は人間性のバネである。理性はそれを統制し、調節するブレーキである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です