Sponsored Link


ベッカム 米ロサンゼルス移籍決定 去就が注目されていたレアル・マドリードの元イングランド代表MFデ… 



Sponsored Link
 


ベッカム 米ロサンゼルス移籍決定

去就が注目されていたレアル・マドリードの元イングランド代表MFデビッド・ベッカム(31)が11日、アメリカ合衆国メジャーリーグサッカー蹴球(MLS)のロサンゼルス移籍を決断した。
声明を発表し、来季から5年総額300億円の大型契約を結ぶ。
根強い人気を誇るスーパースターが、新天地でサッカー蹴球人気を切り開く新たな挑戦に踏み出した。

ついにベッカムが決断を下した。
「今週レアルから2年契約の延長に関して結論を出すよう求められた。
家族(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)や代理人と話し合ってマドリード残留か、英国やヨーロッパのクラブへ移籍するか考えたが、LAギャラクシー入団を決めた。
今年8月からプレーする」。
世界が注目していた移籍騒動に終止符が打たれた。
悩み抜いた末の決断だった。
常々「サッカー蹴球よりも家族が大切。
家族はマドリードを気に入っている」と話し、ピッチへのこだわりは後回しにしてきたが、最後は選手としての思いが勝った。
今季はカペッロ監督の下で出場機会が激減。
リーグ戦の先発は5試合にとどまり、11日のスペイン国王杯ベティス戦は遠征メンバーも外された。
「新たな挑戦を楽しみにしている」とベッカム。
もう一度サッカー蹴球を楽しむための決断が必要だった。
新天地となるアメリカ合衆国はサッカー蹴球人気が高いとは言えないが、ロサンゼルスには自らサッカー蹴球アカデミーを所有。
ベッカムは以前から底辺拡大に意欲を示しており、関係者も「アメリカ合衆国での挑戦は子供たちにサッカー蹴球を好きになってもらうこと。
彼はスポーツ大使としての役割を果たすことになる」と説明した。
またMLS側も4月開始の新シーズンから年俸総額に上限を設けたサラリーキャップの枠外で選手獲得が可能にできるよう ルールを改正し、リーグ運営の起爆剤となる大物招へいの土壌をつくっていた。
英メディアは移籍に伴う総収入を5年総額で2億5000万ドル(約300億円)と報じ、スポーツ史上最高級の高額所得選手となるが、責任と期待も大きい。
“王様”と呼ばれ、旧北米リーグのニューヨーク・コスモスでプレーしたペレでさえ成し遂げられなかったサッカー蹴球による“米スポーツ界制圧”。
ベッカム旋風が世界最大のプロスポーツ大国で吹き荒れる。
続きは>>2以降

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です