Sponsored Link


21勝を挙げた岩隈、努力、練習はもとより、信仰で自己を鍛え苦難を勝ち越え栄冠をつかんだ不屈の姿に喝… 



Sponsored Link
 


21勝を挙げた岩隈、努力、練習はもとより、信仰で自己を鍛え苦難を勝ち越え栄冠をつかんだ不屈の姿に喝采を贈りたい

東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志投手が、佐藤義則投手(阪急)以来、23年ぶりとなる21勝を挙げた。
勝ち星はもちろん、防御率・勝率もトップ。
プロ野球ベースボール界のエースの名にふさわしい“3冠”の快挙を確実にした ▼2006年から、プロ野球ベースボールでは2段モーションが禁止。
彼も投球フォームの変更を余儀なくされ、その中でひじや肩を痛めた。
昨年10月、右ひじを手術。
今期は、復活をかけたシーズンだった ▼先日、岩隈投手の活躍を紹介するテレビジョン番組が放映された。
印象に残ったのは、夫人と娘さんが手作りした絵本 『冬はかならず春となる』を手にした場面。
苦しんだ日々を思い起こしながら、この絵本に心から励まされてきたと、家族(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)への感謝の思いを語っていた ▼オフシーズンには男子部メンバーと唱題を重ね、時間を見つけては座談会に出席するなど、活動にも積極的に参加。
常日ごろの粘り強い努力、練習はもとより、信仰で自己を鍛え苦難を勝ち越え、栄冠をつかんだ不屈の姿に、喝采を贈りたい ▼日蓮大聖人は「仏法と申すは勝負をさきとし」(御書1165ページ)と仰せである。
我らには“絶対勝利の信心”がある。
一人一人が各地域の“エース”となって、未曾有の金字塔を打ち立てたい。

人の天性は良草を生ずるか、雑草を生ずるか、そのいずれかである。だから、折をみて良草に水をやり、雑草を除かねばならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です