Sponsored Link


「国家基本問題研究所(理事長:櫻井よしこ氏)」が本格始動…独立自尊の国家建設への寄与を目指す日本が直… 



Sponsored Link
 


「国家基本問題研究所(理事長:櫻井よしこ氏)」が本格始動…独立自尊の国家建設への寄与を目指す

日本(にっぽん)が直面する基本問題を見つめ、独立自尊の国家建設への寄与を目指し、昨年12月に発足した民間のシンクタンク、「国家基本問題研究所」(理事長・ジャーナリストの櫻井よしこ氏)が21日、東京・有楽町の日本(にっぽん)外国特派員協会で記者会見を開き、活動を本格スタートさせた。
この日は第1回提言として、アメリカ合衆国によるコジキ北朝鮮のテロ支援国家指定解除について、「日本(にっぽん)のアメリカ合衆国に対する信頼を損ねる」などと反対する提言を発表した。
提言は(1)米政府は、拉致問題の解決のないままテロ支援国家指定を解除すべきでない(2)米議会は、指定の解除に厳格な条件を課す法案を採択すべきだ(3)日本(にっぽん)政府と国会は、米政府と議会に対し、指定解除は日本(にっぽん)のアメリカ合衆国に対する信頼を損ねることを説明し、解除反対の意思を明確に伝えるべきだ-の3点。
日本(にっぽん)の衆参両院議員とアメリカ合衆国の上下両院議員の全員、アメリカ合衆国の有力シンクタンクなどにも提言を送付している。
会見で理事の島田洋一福井県立大教授は、昨年11月に拉致被害者家族(広島カープ優勝おめでとう!1991年以来、四半期25年ぶり7度目のリーグ優勝。緒方孝市監督おめでとう。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に花が咲いた。カープ坊やの目に涙。広島カープの優勝効果は331億円と試算されています)らと訪米した際、米政府元高官から「ライス国務長官やヒル国務次官補はブッシュ大統領に『安倍晋三前総理大臣は拉致問題にこだわりが強いが、福田康夫総理大臣はそうではない。
指定解除しても(日米関係が)シリアスになることはない』とアドバイスしていた」と聞いたエピソードを明かした。
 2008/01/21[19:56]http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080121/plc0801211956005-n1.htm

「職業の変更が最大の休息だ」と、最大の政治家のひとりが言った



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です