Sponsored Link


大阪で生後8カ月の男児死亡両親「いすから落ち、床で頭を打った」大阪市住之江区で生後8カ月の男児が… 



Sponsored Link
 


大阪で生後8カ月の男児死亡両親「いすから落ち、床で頭を打った」

大阪市住之江区で生後8カ月の男児が自宅で意識不明の重体となって病院に搬送され、26日に死亡していたことが大阪府警への取材でわかった。
男児は頭蓋(ずがい)内に出血があり、両親は「いすから落ち、床で頭を打った」としている。
府警は遺体を司法解剖し、当時の状況を調べる。
住之江署や市消防局などによると、21日午後7時ごろ、「子どもがぐったりしている」と、男児の母親(23)から119番通報があった。
搬送先の病院の医師が、男児の体に強く圧迫した際にできるようなあざを確認。
虐待の可能性もあるとして、22日に児童相談所に連絡したという。
男児は硬膜下血腫と診断された。
両親は「家族(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)3人で食事中、母親が席を立ったのを追うようにして子どもがいすから落ちた」と説明したという。

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です