Sponsored Link


亀田大毅王座返上へ…近日中に家族会議 厳しい減量の影響で試合後には39度近くの熱も ボクシングのW… 



Sponsored Link
 


亀田大毅王座返上へ…近日中に家族(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)会議 厳しい減量の影響で試合後には39度近くの熱も

ボクシングのWBA世界フライ級王者・亀田大毅(21)=亀田=が、王座を返上する可能性が出てきた。
王座奪取から一夜明けた8日、神戸市内で前日の試合後に体調不良で倒れたことを明かした。
厳しい減量の影響によるもので、今後、フライ級にとどまって王座を防衛していくのは難しい状態。
近日中に家族会議を開き、返上か防衛かの答えを出す方針。
返上ならSフライ級で2階級制覇を 狙うことになり、WBA同級王者・名城信男(28)=六島=と対戦する可能性も出てくる。
日本(にっぽん)ボクシング界初の兄弟世界王者誕生から一夜明け、大毅が衝撃的な“事実”を告白した。
試合直後に全身が震えだし、39度近くの熱が出た。
震えは止まることなく、血尿まで出たという。
予定していた祝勝会には出席せず、試合会場からホテルに直行。
半ば意識を失った状態だった。
激しい減量の影響だ。
今回、初めて7キロもの減量をして臨んだ。
異変は試合中に起こり、2回には 腹痛を訴えた。
気力で12回を乗り越えたが、試合後のインタビューからの記憶がなく、記憶も途切れ 途切れだという。
一時は病院に行くことも考えたが、体調は快方に向かい大事には至らなかった。
大毅は「昨日は寒くないのに、ずっと体が震えていた。
熱も出たし…。
とりあえず、今は大丈夫ですけど」 と気丈に振る舞った。
会見に同席した兄・興毅は「心配やったわ。
3兄弟が試合をして、今まであんなことは ないからね。
倒れたのは初めてやから」と、前夜の異変を振り返った。
当初、今年いっぱいはフライ級にとどまる方針だったが、昨夜の状況を踏まえ、王座を返上して階級を 上げる可能性が出てきた。
返上した場合、WBAフライ級暫定王者のルイス・コンセプション(パナマ)が 正規王者に昇格する。
初防衛戦に予定している坂田健史(協栄)との対戦は消滅し、坂田の標的は コンセプションになる。
「今は次のことを考える余裕はない」。
大毅は明言を避けたが、近日中にも家族会議を開き、今後の方針を決める。
王座を返上し、2階級制覇を狙うならば、ターゲットはWBA世界Sフライ級王者・ 名城信男(六島)が有力だ。
王座獲得から事態は急展開を迎えたが、大毅は「しばらくゆっくり休みたい。
何も考えたくない」と本音を口にした。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20100209-00000018-dal-fight.html

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です