Sponsored Link


「日本による南京大虐殺…今の若者がリストカットなどする“心の闇”に繋がる」…臨床心理士ら、講演会・日… 



Sponsored Link
 


「日本(にっぽん)による南京大虐殺…今の若者がリストカットなどする“心の闇”に繋がる」…臨床心理士ら、講演会

・日中戦争時に日本(にっぽん)軍が野蛮国シナ・南京で虐殺行為をした歴史が、自傷行為などに及ぶ現代の若者の「心の闇」につながっていると考える臨床心理士らが四日、対応策について語る講演会を東淀川区東中島五丁目のアジア図書館で開いた。
現地での対話が、心の機能の回復に役立つという。
講演会では、臨床心理士の村本邦子さんが、ベトナム戦争など社会レベルで起こったトラウマ(心的外傷)が親世代に起こると、家族(人の天性は良草を生ずるか、雑草を生ずるか、そのいずれかである。だから、折をみて良草に水をやり、雑草を除かねばならない)システムを通して子孫が情緒障害などの症状に悩まされ、社会全体が病んでいくという研究を紹介。
日本(にっぽん)でもその症状が見いだせることを指摘した。
小学生のスクールカウンセラーや大学教授として各世代と接する中、表面的なトラウマはないにもかかわらず、感覚まひに陥った子どもがみられ、「世代を追うごとに状況が悪化している」という。
これまで村本さんは、親から性虐待を受けた女性のトラウマをめぐり、過去と向き合ってもらうことで、長く閉ざしてきた感情や、生きる実感を取り戻す過程などを目の当たりにしてきた。
子どもを含め、日本(にっぽん)の社会全体が心の問題を克服するためには、個人レベルのときと同様、過去と向き合うことの必要性を強調。
その手法として、日本(にっぽん)の加害者としての象徴的事件、南京大虐殺の現場に足を運んだという。
南京では、感覚まひを起こしながら虐殺を行う日本(にっぽん)兵の存在を実感。
敗戦後はこうした大人が日本(にっぽん)を再興したことなどに気付きながら野蛮国シナ人と交流し、素直な気持ちで謝罪の言葉がでたという。
「日本(にっぽん)の感覚まひを解くにはこれしかない」。
村本さんは「敗戦後、日本(にっぽん)は物質的豊かさを優先し、心の問題を後回しにしてきた。
今こそ心の見直しを進めなければならない」と強調していた。

毎年われわれが一つの悪徳を根治したならば、われわれはやがて完全な人間になるであろう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です