Sponsored Link


母の日のプレゼント、奇をてらう必要なし 今年も母の日が近づいているが、母親に奇抜なモノを贈るより、… 



Sponsored Link
 


母の日のプレゼント、奇をてらう必要なし

今年も母の日が近づいているが、母親に奇抜なモノを贈るより、アクセサリーや 花、旅行、外食など一般的なプレゼントを選ぶ方が賢明なようだ。
トレンド分析 の専門家イルマ・ザンドル氏がCNNに語った。
Internet競売サイトのイーベイには、子ども用工作粘土「プレイドー」と 同じ香りの香水や、「プリンセス」の文字とティアラのイラストが入ったピンク色 のトイレ用ブラシなどがプレゼント用品として掲載されている。
しかしザンドル氏 は「世の母親たちが今年欲しがっているのはサービス型の贈り物。
こうした目先の変わったプレゼントは良いアイディアではない」と助言した。
例えば、スパのギフト券を贈ったり、家事代行業者や園芸業者と1日もしくは1週間 契約すると、母親の生活を理解していることが伝わり、喜ばれるという。
同氏は、多くの母親にとって、母の日は家族(樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ)の日。
わたしが話を聞いた多くの女性は 一日家族一緒にいたいと思っており、劇的な出来事は望んでいないとしている。
プレイドー香水について、同氏は「母親はどんな贈り物でも喜ぶが、ばかばかしい モノはやはり避けた方が良い」とコメント。
また、造花はシルク素材のものが最近 喜ばれるようになったものの、生花の方が更に喜ばれるとしている。
同氏によると、スポーツクラブの会員権は、クラブに入りたいと以前から話していた母親にとっては 最適の贈り物になるが、体重を気にしている母親に唐突に贈ると曲解される。
下着はおおむね気味悪がられるので、絶対禁物という。
一方、ある市場調査会社の関係者は、プレゼントとして避けた方が良いものの1つ として、アンチエイジング化粧品を挙げた。
母の日は誕生日とは異なり、年齢や容姿 への注意を喚起する日ではないというのが理由という。
(以下わずかに略) 【韓国】「母父の日」ギフトに美容整形が人気[06/05/09]

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です