Sponsored Link


「性的権利は人権」、宣言採択し閉幕…地球円卓会議「性的権利は人権」、宣言採択し閉幕地球円卓会議・カ… 



Sponsored Link
 


「性的権利は人権」、宣言採択し閉幕…地球円卓会議

「性的権利は人権」、宣言採択し閉幕地球円卓会議・カイロでの国際人口・開発会議(ICPD)から10年を期してロンドンで開かれていた「地球円卓会議(GRT)」は2日夕(日本(にっぽん)時間3日未明)、「性的自己決定権」を含めた「性と生殖に関する健康/権利」(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)を「普遍的人権」とする宣言を採択して3日間の会議を閉幕した。
109カ国から国会議員や人権活動家、保健衛生の専門家が参加、宣言では「安全で合法的な中絶」や「すべての若者への包括的な性教育」の保障も求めた。
GRTは、94年のICPDで国連加盟179カ国の代表が合意した行動計画(カイロ合意)の実施状況を中間総括。
「女性の地位向上や性的平等の推進」など、2015年に向けた行動目標を再確認した。
専門家らの報告によると、保守派やカトリック教会などが影響力をもつ国々で中絶の非合法化が続き、危険な「闇の中絶手術」が行われて年間約7万人の女性が死亡、数百万人が後遺症に苦しんでいる。
中絶を認める家族(他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ)計画への資金拠出を止めた米ブッシュ政権への批判が相次いだ。
人口・開発アジア議員フォーラム議長の谷津義男・衆議院議員(自民)は、ブッシュ政権に対し、国連人口基金(UNFPA)への資金停止に再考を求め、「途上国では資金不足でコンドームの供給が滞り、避妊を求める女性たちの声は無視されている」と強調した。
HIV・エイズの「予想外の蔓延(まんえん)」も、カイロ合意実現の「大きな障害」になっているとされ、エジプトのモナ・ザルフィカ女性健康推進協会議長は「HIV・エイズや性感染症の予防のためにも避妊具の不足は深刻だ」と指摘した。
http://www.asahi.com/international/update/0903/006.html

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です