Sponsored Link


硫化水素自殺者、今年に入り1000人超すネットの影響で激増硫化水素による自殺者が今年1~11月に… 



Sponsored Link
 


硫化水素自殺者、今年に入り1000人超すネットの影響で激増

硫化水素による自殺者が今年1~11月に1007人となったことが11日、警察庁の調べで分かった。
Internet情報の影響などで今年に入って激増したが、既に1000人を超え、昨年1年間の29人の約35倍に上った。
硫化水素の「原料」となる商品のひとつが、自殺多発のあおりで10月末に製造中止となったが、発生方法を紹介するネット情報は依然多い。
自殺は4月の204人をピークに減少傾向にあるものの、11月も53人で、1日平均1人以上の高水準が続いている。
硫化水素自殺が増えたのは、市販商品を使って簡単に発生させる方法がネット上に多数紹介された影響とされる。
救助に入った家族(悪徳の最たるものは、いかなる悪徳をも怖れず、悪徳を自慢し、悪徳を後悔しないことである)や救急隊員が巻き添えで死傷する二次被害も多発したため、警察庁は4月末、同ガス自殺を誘引するネットの書き込みを「有害情報」として取り扱い、業者やサイト管理者に削除を要請している。
警察と民間団体は8月末までの4カ月間に計519件の削除を要請したが、一部が拒んだため、削除は185件にとどまっている。
ネット情報の大多数は特定の洗浄剤と入浴剤を混ぜる方法を紹介している。
このうち入浴剤は、名古屋市のメーカーが昭和2年から販売してきたが、薬局などの販売自粛で売り上げが激減。
製造中止に追い込まれた。
警察庁によると、硫化水素自殺は5月が193人。
6月から10月までは131人、86人、69人、74人、76人と推移した。
最終更新:12月11日16時6分12月11日16時6分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081211-00000110-san-soci

人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど、逆に大きくひろがるときがくる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です