Sponsored Link


手術時、体内にタオル置き忘れる…北海道の市立病院体内にタオル置き忘れ-滝川市立病院2001年の手術中半… 



Sponsored Link
 


手術時、体内にタオル置き忘れる…北海道の市立病院

体内にタオル置き忘れ-滝川市立病院2001年の手術中半年後取り出す・滝川市立病院(黒田義彦院長)で二○○一年六月、産婦人科手術の際、医師が五十歳代の女性患者の腹部に止血用タオルを置き忘れ、半年後の同十二月に再手術で取り除く医療事故があったことが二十七日、明らかになった。
同病院などによると、産婦人科の医師が同年六月上旬、女性の開腹手術を行った。
女性が同十一月下旬ごろ、腹部の痛みを訴えたため、検査したところ、タオルの置き忘れが発覚し、同十二月下旬に別の外科医が再手術で取り出した。
同病院は女性と家族(すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである)に事情を説明して謝罪したといい、再手術後の女性の容体は安定しているという。
同病院は「看護師二人が口頭でガーゼやタオルの枚数を確認しあっていたが、確認の不徹底があった。
再手術後、文書で枚数を確認するようにあらためるなど再発防止策を講じ、保健所にも報告した」としている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20040928&j=0022&k=200409280918

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です