Sponsored Link


子供に嫌われていた野球中継…ちびまる子ちゃんも「野球早く終われ」と愚痴る かつて、まだテレビのチャ… 



Sponsored Link
 


子供に嫌われていた野球ベースボール中継…ちびまる子ちゃんも「野球ベースボール早く終われ」と愚痴る

かつて、まだテレビジョンのチャンネル主導権が「父親」にあった頃、「プロ野球ベースボール開幕」という話題は子どもたち、特に女の子にとって憂うつなシーズンの始まりであった。
なぜなら、野球ベースボール中継の間、ずっとチャンネルは父親に奪われ、見たい番組も見れず。
おまけに父親が応援している球団が負けようものなら、そのとばっちりは家族(理性はみずからの原理を片手に持ち、その原理によって考案した実験を、もう一方の手に持って自然へ赴く)に向けられるというお決まりのコースが 毎晩のように待ち受けていたから。
ジャイアンツの大ファンである父親をもつまる子ちゃんも、その被害を受けた子どものひとりであった。
「さ~野球ベースボールだ野球ベースボールだア。
ビールと野球ベースボールでこの世はバラ色~」と浮かれながら 刑事コロンボを見ていたまる子ちゃんの前に現われた父。
あと10分というコロンボの結末を待たずして、非情にもチャンネルを野球ベースボール中継に 切り替えた父に「おとうさんのブータレ」と悪態をつくまる子ちゃん。
今のようにビデオもDVDも普及していなかったこの頃、まる子ちゃんと同じ気持ちでいた小学生は大勢いたに違いない。
それもそのはず、ちょうど子どもたちが見たい番組の放送時間と 野球ベースボール中継の時間が見事に重なっていたゆえ、刑事コロンボも、欽ドンも、見ることが叶わなかった子どもたちは多かったのである。
まる子ちゃんが小学生の頃、ジャイアンツのヒーローは王貞治であり、後楽園球場でジャイアンツ戦を観るということは、野球ベースボールファンにとって憧れであった。
そして、枝豆をつまみ、ビールを飲みながら、家で野球ベースボール観戦をすることが サラリーマンの至福のひとときでもあった。
一方で、野球ベースボール中継に一喜一憂する父親を横目で見ながら 「今日も無事にジャイアンツが勝ってくれますように」と秘かに祈る家族も多かった。
というのも、応援しているチームが苦境にたたされようものなら、「くそオ 1点追加のチャンスだったのにっ」とまる子ちゃんのお父さんのように たちまち機嫌が悪くなる父親が多かったからである。
そう、まさにこの頃は野球ベースボールが全盛の時代であった。
(以下略) 「野球ベースボール早く終わればいいのに」と愚痴るまる子 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zoom/ET20051005094342506L0.htm http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/sakura/jikenbo/20051005et01.htm

人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です